「未分類」カテゴリーアーカイブ

「ジョジョの奇妙な冒険」の奇妙なキャッチコピー

私は週刊少年ジャンプに連載をしていた「ジョジョの奇妙な冒険」が大好きでした。ちょうど子供の頃にジャンプにはまっていた時に連載をしていたので、最初の頃から比較的最近までずっと読んでいたのですが、ジョジョの奇妙な冒険には、とても気になるキャッチコピーがついていたのです。それは「ロマンホラー 真紅の秘伝説」というものでした。なんとなくミステリアスな雰囲気のあるキャッチコピーだとは思うのですが、しかしこのキャッチコピーは、まったく作品の内容とは関係のないものでした。いちおうストーリーの途中でエイジャの赤石というアイテムは登場するのですが、赤石の出番が終わってもずっとこのキャッチコピーで通していました。私が思うに、惰性で付けっぱなしにしていたのではないかと思います。

手書きのキャッチコピーには説得力があります

ドラッグストアーなどに行きますと、商品のところに、手書きで書かれたキャッチコピーが目につきます。なぜか、印刷の活字よりも、手書きのキャッチコピーのほうに、自然と目が行くようです。手書きのキャッチコピーには説得力があるといいますか、なんだか手書きの言葉を読んでいると、良さそうな感じがしてくるのが不思議です。特に、サプリメントなど、コラーゲンドリンクなどは、手書きで「アンチエイジング」とか、「肌にはりがでる」といったことが書かれていると、何となく良さそうな気がして、つい、買ってしまいます。風邪薬なども、同じようなものが並んでいても、手書きのキャッチコピーがついているほうを選んでいることに気がつきます。

キャッチコピーの重要性について

新製品や新サービスが登場した時に覚えやすいキャッチコピーがあると、その商品やサービスの印象が強くなります。キャッチコピーにはなるべく分かりやすいものにした方が、幅広い年齢層に受け入れられる事ができます。キャッチコピーを大きくひねり過ぎると、特定の人にだけしか伝わらないものになってしまうので注意が必要です。なるべく短い文で、直感的に覚えられるキャッチコピーを付けることによって商品やサービスに対するイメージがぐんと上がります。またキャッチコピーは商品の説明にも繋がるので、ただ単に安いや簡単、便利などのありきたりな言葉を使うだけでなく、色々な言葉を組み合わせることで他にはない斬新なキャッチコピーを作ることができます。

ネーミングやキャッチコピーの仕事が身近になりました!

言葉に関心ある人や言葉遊びが得意だと思う人に特にお勧めなのが、ネーミングやキャッチコピーを考えるお仕事です。そして、この仕事を提供してくれるインターネット上のクラウドソーシングの会社が最近では沢山設立され続けています。主婦でも会社帰りのサラリーマンでも、そして、年齢や性別関係なく老若男女が参加できるシステムをインターネットに接続できるパソコンがあって登録さえすれば利用できます。依頼者の希望を念頭に置いて、提案締切日まで、空いた時間に、または何かをしながらでも、頭の中であれこれ考えたり、或いは、実際にノートやメモにいろいろと書き出したりしながら考えていくのですが、誰かに役立つ意味ある言葉やフレーズを自分で創り出すのは結構楽しい作業です。頭の体操としてもお勧めです。 しかも、当選すれば、ちょっと嬉しいお小遣いとなります!

週刊少年ジャンプのキャッチコピー

キャッチコピーの中でも特に有名なのが、週刊少年ジャンプの「友情、努力、勝利」ではないでしょうか。この3つの言葉には、少年漫画に必要なものと、当時はラブコメ漫画全盛期で、いまいち汗臭いバトル系漫画が流行していなかった時期に、うちは他の少年誌とは違うのです!というジャンプの心意気を感じることができるキャッチコピーです。このキャッチコピーの通り、ジャンプで連載されている漫画には、この3つのうち、どれか1つは作品のテーマになっています。これら3つが全て盛り込まれた作品が「キン肉マン」だと私は思います。しかし最近は、努力をせずにいきなり主人公が強かったり、必ずしも主人公サイドが勝つわけでもなく、友情を持ち合わさない傍若無人なキャラが大活躍する漫画が増えてきたような気もします。

イナバ物置と青影

イナバ物置のCMキャッチコピーは「100人乗ってもだいじょうぶ!」でした。実際に100人が物置に乗ってこのキャッチコピーを叫ぶCMは実にインパクトがあり、イナバ物置は有名になりました。しかしこのキャッチコピーのアクセントというか、言い方は、実は先例があるのです。「だいじょうぶ!」の言い方はテレビ特撮番組「仮面の忍者赤影」に登場する青影の名台詞「だいじょうぶ!」とアクセントとイントネーションがまったく同じなのです。青影の「だいじょうぶ!」は当時の子供たちならみんなが真似をしたフレーズです。それをCMのキャッチコピーに盛り込むとは、誰が考えたか知りませんが、イナバ物置のCMキャッチコピーを考えた人はなかなかの策士だと思いますね。

ネーミングやキャッチコピーを付けて欲しいとよく言われます

私は周りの知人や友達からよくネーミングやキャッチコピーを付けて欲しいと言われます。私には特にこれと言った取り得がなかったのですが、最近私の考えたネーミングやキャッチコピーが周りの人に評判が良いのでとても嬉しいです。私がネーミングやキャッチコピーといったことを始めることになったのは、小さいですがお店を始めたからなんです。そのことををきっかけに、同じようにお店を持った人と知り合いになり友達が増えました。そこで私のお店のネーミングやキャッチコピーを見て気に入ってくれたようです。よくこんなピッタリの言葉が出てくるねと感心されるのですが、ネーミングやキャッチコピーは直感が大事だと思うので、自分が1番に浮かんだ言葉を大事にするようにしています。難しく考え出すときっとなかなか深い迷宮に迷い込んでしまうと思うので、考えすぎずに思い浮かんだままに付けるのが一番だと思います。

プロの作ったキャッチコピーに対して嫉妬する

世の中には色々な商品が売られていて、それらにはキャッチコピーが付けられていることがあります。ほとんどは短いフレーズのもので、リズム感の良いものや商品の特徴を端的に表現する言葉です。こうした商品のキャッチコピーはテレビCMでもよく耳にします。車のCMや化粧品、家庭用品などなど、実に様々なキャッチコピーがあります。中には何年経っても頭の中に残っているほど印象深いキャッチコピーもあり、そうしたキャッチコピーは商品の広告効果を高めていると思います。変な話ですが、そういうキャッチコピーを見るとなんとなく悔しくなります。ストンと落ちてきて耳に残るキャッチコピーを思いつくその才能が、悔しいのです。相手はきっとプロのコピーライターなのだから当然ですが、自分には言葉の才能がないということを痛感させられます。コピーライターになりたいわけではないけれど、日常生活で人と会話するときに活かせるだけの言葉の才能があればいいのに、と思って仕方ありません。

ネーミングやキャッチコピーのアイディアで副業!

インターネット上ではネットで副業というキーワードのページが幾つも出てきますが、初心者でも簡単にできる副業はなかなかありません。例えばアフィリエイトなどは、SEOやマーケット等の知識が必要不可欠ですから、始めてみようと思っても、始めてみることすらなかなか大変な副業です。この点、初心者でも始めやすい副業として注目しているのが、ネーミングやキャッチコピーを考えてアイディア料を貰えるサイトです。これだと、難しい専門知識はほとんど必要ありませんし、単なる閃きだけで出来る簡単な副業といえるでしょう。稼げるようになるためには、何人もの応募がある中から当選するだけのアイディアをひねり出さないといけませんが、とっつき易さはあるでしょう。

小林製薬の光るネーミング

ネーミングやキャッチコピーが良いと、ついつい買ってしまうものです。ネーミングが光る商品と言うと、みなさんもうおなじみかと思いますが、やっぱり小林製薬の商品ですよね。わたしもついつい、いろんな商品を愛用しています。家にあるものだけでも、「ブルーレットおくだけ」、「糸ようじ」、「熱さまシート」、「なめらかかと」、「サカムケア」、「のどぬ~る」、これだけありました。なんだかコマーシャルの音楽まで頭に浮かんできちゃうものまであります。どうしてこんなにインパクトがあるのでしょうか。製薬会社のくせに、だじゃれ系も結構多いんですよね。でも、目で見て耳で聞いて、どんな商品かすぐ分かってしまうというのは、すごいなと思います。商品自体も、あったら便利だなというすきま商品なので、気にとまらなければ素通りしてしてしまいますが、一旦使い出したらホント便利だなと感じさせます。このネーミング手法、侮れません!