「エコな生活を過ごす」カテゴリーアーカイブ

納得できるECO住宅を建てるための業者選び

自分の希望するECO住宅を建てるためには、どのような業者に依頼するかも大切になるので、安心してお任せできる業者を選びたいと思った時には、どのような家づくりを行うのか、わかりやすく説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

ECO住宅を建てるときには、今まで知らなかったような素材を使用したり特別な方法で家を建てていくことになりますから、この時に素人でもわかりやすく説明を行ってくれれば、納得してお願いすることができますね。

さらにECO住宅というと、家全体に自然素材を利用するものというイメージがあるかもしれませんが、場所によっては、人工的な素材のほうが最適な場合もあるのです。まずはそれぞれの場所に適した素材を使用してもらえるのか、その点も確認しておく必要があります。

家じゅう緑でおおいたい

ECO住宅にするとしたら、私がやってみたいことの一つは、家じゅう、緑でおおうことです。たまに、散歩していたりすると、壁面につたがはっているおうちをみかけますが、やってみたいなあと憧れを頂きつつも思っています。

さらに屋上緑化したりして、屋上に木が生えているのも楽しげですよね。家じゅうを緑でおおいつくしたら、いったい夏場どれだけ涼しいのでしょうね。しかし、やってみたいのはやまやまなのですが冬場は家の中暗そうですよね。

壁面に、つたがはっているような洋館のイメージは、屋内は、夏はひんやりと涼しく冬は恐ろしく寒そうな感じなので、妄想としての理想ですが夏場は壁面はつただらけになるけれども、秋あたりになったら壁面のつたをべりっと剥がすようなシステム。そんなシステムあったら是非利用したいです。

中途半端なエコ住宅

我が家の事なのですが、とても中途半端なエコ住宅です。屋根にソーラーパネルがあるのですが、蓄電機能は無く、昼間余った電機は東京電力に買い取って貰っています。

それはそれで良いのですが、家自体がエコとはかけ離れた構造になっています。近くに基地があるので、防音工事がされているので、エアコンと換気扇が各部屋についているのです。エコなのか、エコで無いのかとっても悩みますが、賃貸なので自分でどうにも出来ません。引っ越してきて1年…未だに良く判らない床下換気装置なるものも付いていて、この家の本来の持ち主は何をしたかったのか不明なままです。

これは果たして「エコ住宅」なんだろうか?しかし、太陽ソーラーパネルは毎月いくらかの電気代が発生するので、大変助かってます。

我が家は各自がエコボトルを持ってエコ活動しています

私の家族は4人とも全員が各自マイエコボトルを持ってエコ活動に励んでいます。エコボトルというのはとても簡単に言ってしまうと水筒ですが、今の時代はエコボトルとも言うそうなので我が家でもオシャレに聞こえるのでそう呼んでいます。 続きを読む 我が家は各自がエコボトルを持ってエコ活動しています

エコすることの大事さ

近年はエコをしようと環境省が呼びかけています。地球温暖化の影響なので全世界の人類が共通した意識を持たなければならないと思います。小さなことを積み上げていくと大きなものになるように、私たちが出来る最善のことも、結果的にはエコにつながります。 続きを読む エコすることの大事さ