「エコな住宅設備の紹介」カテゴリーアーカイブ

ECO住宅のメリットとは

ECO住宅に住むことによって、環境に配慮した暮らしを楽しむことが出来ます。しかし、それだけでなく毎月かかってくる電気代やガス代を大幅に減らせるようになったり、健康になるといった素晴らしい効果を感じることが出来るようになります。また、ECO住宅の意外と知られていないメリットといたしましては、健康面での安心感があげられます。

それには理由があり、ECO住宅で使われている家の材料には自然の材料が使われているので、化学物質などの人によっては体に悪影響を与えてしまうような物質が含まれていません。これならばアレルギーの方や繊細なお子様、ぜんそくの方などでも安心して暮らすことが出来るでしょう。従来のマンションや住宅とは違い、住む人のことをとことん考えられていて体にも財布にも優しいので便利です。

ECO住宅と通風

ECO住宅を構成するポイントのひとつに「通風」があります。

人間は暑いと汗をかき、その汗をかいた肌に風があたると、汗が蒸発します。

水分が蒸発するとき気化熱という熱が必要です。ですので、汗が蒸発するときに熱を奪われるので、涼しいと感じることができるのです。つまり、夏場涼しく快適に過ごすためには、通風ということも重要なポイントになるというわけです。 ある程度気温がたかくても、風がびゅうびゅうふいていると涼しさを感じ、気温がたかくて、空気が動かないと体感温度は倍増です。

ですので、ECO住宅を作る際には、空気の流れというものについても熟知している住宅メーカーを選びたいものです。 夏場、外は日がさんさんと照っていてじりじりと暑くても、家の中は日陰になっていて、さらに風がさわやかにふきぬけるとしたら、すごしやすい家であろうことは想像がつきます。

雨水タンクで庭に水やり

はやりのECO住宅ですが、設備のひとつに雨水タンクというものがあります。 雨が降った時、雨どいをつたって流れる雨水をタンクに集めるというもの。

無駄に流れて行くだけだった、貴重な水を一手に集めることができる。 庭があって、芝生にしているような家庭は、水やりの水道代についてもバカにならないと感じているのではないでしょうか。
真夏などで、節水が叫ばれる中、芝生に水をやることははばかられますよね…。 とはいえ、真夏の芝生は水不足でいかにも枯れてしまいそう。せっかく植えた芝生が枯れてしまうのを、みすみす放置するわけにもいかず。やはり水をまかざるをえない。雨水タンクがあれば、夕立の雨水などをためておいて、晴れた日に庭に水やりなんてことも可能です。

最先端の家がほしいのならばエコ住宅が一番

ECO住宅は非常に環境にやさしい住宅です。太陽光発電システムやLEDの照明などが設備に組み込まれているので、電気代をかなり節約する事ができ、環境に優しい住宅になっています。住宅の緑化なども行なっていて、屋上を緑化したり壁面を緑化するなど環境に非常に優しく目にも良い住宅になっています。

ECO住宅は高効率給湯器なども搭載していて非常に効率良くお湯を出す事ができます。高気密高断熱などで冬の寒さや夏の暑さを遮ってくれるのでエア顧問も必要最小限で済みます。ECO住宅の利点は省エネなのですが、エコ住宅を購入すればエコポイントが国から数十万ポイントもらえます。これは商品などと交換が可能なので、長期的に家を運用するならECO住宅は最高の住宅です。

ECO住宅のひとつ、熱を生み出す方法

“ECO住宅とは、環境に優しいシステムを持つ住宅のことですが、
最近の住宅で非常に増えてきたのが高効率給湯器を持つ住宅です。

これは、お風呂などお湯の使用での熱を生み出す方法が、
環境に優しいスタイルとなっているもので、
3つほど種類があります。

ひとつはエコキュートです。
これは電気の力で熱を生み出すというスタイルです。

2つ目はエコジョーズ。
これはガスを使って熱を生み出すというものです。

3つ目はエコウィル。
ガスによって電気を作り、そこでの排熱を利用して熱を生み出すという技術です。

かつてはこれらの1つを導入することで補助金が出たため、
新築の住宅の多くでいずれかの方式が採用されております。

ECO住宅を支えている仕組みはこのほかにもたくさんあります。
未来の住まいの新たな形と言えるでしょう。”

エコな給湯器は節約と環境に良い

- 家計と環境にもメリット有り!

通常の家庭では光熱費が家計を大きく左右するほどの出費となる上に、従来の能率の低い電気給湯やガス給湯設備ではCO2など有害な物質の排出量も多く、環境に直接ダメージを与えてしまいます。
続きを読む エコな給湯器は節約と環境に良い

エコに対する補助金について

- 国や自治体からの補助金は?

住宅のエコに関しては、国や各自治体から様々な補助金や助成金が支給される場合があります。こうした補助金は一定の条件さえ満たせば誰でも受け取ることができるもので返却の必要はありません。大掛かりなシステムを導入する場合や住宅の新築の場合などには、かなりまとまった金額が助成金として支給されることもあります。 続きを読む エコに対する補助金について