「住宅版エコポイントとは」カテゴリーアーカイブ

二重窓で防音と断熱性を高める

二重窓は、室内の防寒や保温、防音などのために、外窓にプラスして内窓を設けた窓のことを言います。
この二重窓ですが、各メーカーから最近出ている商品の大きな特徴は「防音性」「断熱性」「工事が簡単」紹介されています。
そして、この二重窓は、住宅版エコポイント(エコリフォーム)の対象なので、お得に導入できます。
今回は、この3つの特徴と二重窓のエコポイントについて紹介いたします。

- 静かな日常へ

例えば、国道の近くで車がよく通るから所に住んでいて、うるさくって気になる人や子供がいて、夜鳴きが近所迷惑ではないかと不安に思っているなら二重窓を防音合わせガラスの材質にすると、とっても効果的です。
商品によっては、電車が通るときの交通騒音(80 dB )を約40dBカットしてくれて、静かな事務所程度の騒音まで下げてくれる効果的なものもあります。

- 断熱性の向上

次に断熱性ですが、実は窓から住まいの熱の37%が逃げ出しているそうです。これは、窓ガラスを通じて、外の冷気が部屋の中に伝わってしまうのが原因です。二重窓にすることによって、室外からの冷気の侵入を防いでくれるので、寒い冬でも部屋の中は暖かい状態を保ってくれます。

- 取り付け工事

二重窓は、今ついている窓にカンタン後付け式が基本なので、サッシの内側に枠を取付けて、内窓を建てこみます。たった、それだけの工事で完了してしまうので、1ヵ所最短1時間ぐらいで工事は終わります。

そして、うれしいことに二重窓の工事はエコポイントの対象です。窓の大きさによってポイント数は異なりますが、7,000ポイントから最大で18,000ポイントもらえます。
もし、騒音や断熱について考えているなら、この住宅版エコポイント(エコリフォーム)の制度を上手に活用して、お得に快適な住居へリフォームしましょう。

エコポイントの対象となる建物や工事について

- 対象の建物は、一戸建てから長屋まで幅広い

住宅エコポイント制度の対象となる「住宅」は、「人の居住の用に供する家屋又は家屋の部分」をいい、エコ住宅の新築やエコリフォームの要件に該当する場合はポイントの発行対象になります。 続きを読む エコポイントの対象となる建物や工事について

住宅版エコポイントとは

- 制度の概要

住宅版エコポイントは、新築の住宅やリフォームを行う住宅に対して、高い省エネ効果を有する製品を使用したリフォームやエコ住宅の新築をされた方に対して、商品券・プリペイドカード、地域型商品券や省エネ・環境配慮製品、各都道府県の地域産品に変更できるエコポイントをもらえる制度です。

新築の場合とリフォームの場合、対象の基準を満たしていると、もらえるエコポイントは、最大で300,000ポイントもらうことができます。ちなみに1ポイントを約1円相当に換算できるので、30万円相当お得になります。

■ エコポイントの発行対象
平成22年1月28日以降に原則として工事が完了し引き渡された住宅が対象

続きを読む 住宅版エコポイントとは