管理人@エコとお得が好き のすべての投稿

ECO住宅が流行っている

最近ではエコブームのおかげか、住宅環境もエコなものが流行っているようです。次に建て替えるときはECO住宅と決めている人も多いですし、後からソーラー発電などを取り付けてエコ住宅化する人もいます。

私も次に住宅を買うならばオール電化のエコ住宅がいいなと思っています。住まいのコストダウンできて、尚且つ環境にやさしいのであれば、新しい技術を利用しない手はありません。住宅ローン減税やエコポイントなども見逃せないところだと思います。

住まいの基本からエコを実践していれば、エコに対する意識を高めることができるため、その他の生活にもエコを取り入れることができるような気がします。エコ住宅にもいろいろ種類があるので、新しい技術を見ているだけでも楽しいですね。

ECO住宅で環境にやさしく

ECO住宅とは、環境にやさしい取り組みをする住宅のしくみです。エコというとまず思い浮かぶのは、太陽光発電など自然エネルギーを使うことによるエネルギーの節約、エコキュートやエコジョーズなどの効率のよい熱変換による給湯の方法、LED照明など省電力家電の使用による節電の取り組みなどですね。それ以外にも、家自体を高断熱にすることによって冷暖房効率をあげる、夏の室内の気温上昇を防ぐ方法として注目されている緑のカーテンや屋上緑化も住宅におけるエコな取り組みといえるでしょう。

国でもエコポイントの制度でECO住宅を後押ししています。このエコポイントは商品に交換したり、追加工事の費用に充当することもできるお得な制度です。平成25年12月までの期間限定となっていますので、住宅新築の予定があれば利用して環境にやさしい住宅にするといいですね。

ECO住宅についての話

ECO住宅というのは省エネでエコな住宅です。エコ住宅はエコな住宅で、太陽光発電パネルが付いている住宅だったり、電気自動車に対応しているなど、とても環境に良い住宅です。

省エネルギーを重視した住宅がECO住宅なのです。ECO住宅には様々なエコのための技術が搭載されていて、太陽光発電パネルなどが付いているので電気代が殆どかかりません。しかし、エコ住宅は初期投資が高いという欠点があります。

しかし、長期的に見ると、ECO住宅はとても素晴らしい住宅です。ホルムアルデヒドフリーの塗料を使っていたり、太陽光発電に電気自動車と非常に環境に優しく最先端の住宅と言えます。

環境にやさしい家が欲しい場合や長期的な事を考えた場合、ECO住宅を購入すれば良い事がたくさんあるのでオススメです。

太陽光発電とECO住宅

最近注目されている太陽光発電なのですが、ECO住宅と深い繋がりがあります。太陽光発電はただ家庭を助けるための物ではないということです。太陽光発電を積極的に行っていくと、燃料の節約を自然と防ぐ事ができ、二酸化炭素などの発生を抑止する事ができます。

二酸化炭素が地球上に増えてしまいますと、地球の環境に対して様々な悪影響を与えてしまう事になります。ですので、太陽光発電はただ節約する事ができるだけではなく、地球に対してもとても優しい発電方法です。

このように地球の環境の事を考えて太陽光発電を試みる方もいます。ECO住宅にする際に、太陽光発電を行う事で、私達にとっても節約する事ができますし、地球の環境に対しても優しくすることができます。

ECO住宅は街の緑化運動にも繋がる

環境に優しい想いを。ECO住宅という概念で、様々な住宅作りがあらゆる形式で進められており、その内の1つとして住宅の緑化があります。これは、住宅の敷地内を緑化することで環境への配慮を行おうというものです。

ひとつは屋上の緑化。マンションなどにも見られますが、屋上に植物を植えることで、断熱性の確保や景観作りがなされます。特に都市部においては、ヒートアイランド現象の軽減にも役立つと言われています。

もう1つは壁面の緑化で、植物を建物の壁や外側に植えることで、温度の上昇を抑えるという効果を発揮します。二酸化炭素削減にも効果を与えると言うことから、都市部を中心に積極的に行われており、今となってはECO住宅の1つの基本形とも言えるかもしれません。

ECO住宅で健康に

ECO住宅は、お金を節約できることが非常に魅力ですが、それ以外にも多くの良さがあり、なんといっても素晴らしいのはお金では買えない永続的な健康を手に入れることにも役立つ、ということです。住まいは、毎日の暮らしにおいては欠かすことの出来ない場所ですし、基盤となるような非常に大切な存在。

しかし、その住まいをめぐって、健康においてトラブルを抱えてしまう人も増えているようです。建設ラッシュなどによる雑なつくりのお家やマンションなどでは、残念ながら住む人の健康のことをあまり考えられていないつくりになっているので、壁や柱に防虫用にたくさんの化学物質が含まれていたり、熱気がこもりやすく体調が崩しやすい部屋になっています。

しかし、ECO住宅ならばそのような心配は無く、自然の原料が使われているので健康を維持できます。

ECO住宅を建てるならば今

ECO住宅を建てようと思った時には、まず施工会社選びから始まります。施工会社によって建て方が変わってきますので、その建て方の好みによって施工会社を選ばなければいけませんが、気を付けたい事です。

施工会社選びが終わったら、細かい打ち合わせで、全体的な雰囲気から、どういう資材を使ったECO住宅にするのか、またこだわりはどういうところにあるのかと言うような点を煮詰めていく事になります。ここまで終わると、後は建てるだけとなります。

ECO住宅は、省エネ効果を期待出来る家となっていますが、その分建てる時に一般的な住宅よりも費用がかかります。しかし、今ならば還付金のようなものもありますので、建てるならば今と言えます。

ECO住宅は歴史と伝統技術の粋

ECO住宅と言えば、先端技術を駆使した家作りというイメージが強いかと思います。しかし、日本の古き良き歴史と伝統もしっかりと生かされたECO住宅の考え方も存在していることをご存知でしょうか?

それが高気密かつ高断熱住宅で、古き良き時代から、風通しを意識した住宅作りが日本では行われていました。暑い夏をしのぐと言った考えで住宅が作られていた時代、それは現代においても同じです。

エアコンの消費量を抑える為に、夏は涼しく過ごすことができ、暖房の消費量を抑える為に冬は冷たい風を取り込まないという住宅作りがなされています。つまり、極力エネルギーを使うことなく年間を快適に過ごせる住宅が、

ECO住宅としてどんどん作られているので、地球に優しいECO住宅、これからの住まいのテーマと言えるでしょう。

ECO住宅のメリットとは

ECO住宅に住むことによって、環境に配慮した暮らしを楽しむことが出来ます。しかし、それだけでなく毎月かかってくる電気代やガス代を大幅に減らせるようになったり、健康になるといった素晴らしい効果を感じることが出来るようになります。また、ECO住宅の意外と知られていないメリットといたしましては、健康面での安心感があげられます。

それには理由があり、ECO住宅で使われている家の材料には自然の材料が使われているので、化学物質などの人によっては体に悪影響を与えてしまうような物質が含まれていません。これならばアレルギーの方や繊細なお子様、ぜんそくの方などでも安心して暮らすことが出来るでしょう。従来のマンションや住宅とは違い、住む人のことをとことん考えられていて体にも財布にも優しいので便利です。

納得できるECO住宅を建てるための業者選び

自分の希望するECO住宅を建てるためには、どのような業者に依頼するかも大切になるので、安心してお任せできる業者を選びたいと思った時には、どのような家づくりを行うのか、わかりやすく説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

ECO住宅を建てるときには、今まで知らなかったような素材を使用したり特別な方法で家を建てていくことになりますから、この時に素人でもわかりやすく説明を行ってくれれば、納得してお願いすることができますね。

さらにECO住宅というと、家全体に自然素材を利用するものというイメージがあるかもしれませんが、場所によっては、人工的な素材のほうが最適な場合もあるのです。まずはそれぞれの場所に適した素材を使用してもらえるのか、その点も確認しておく必要があります。