エコに対する補助金について

- 国や自治体からの補助金は?

住宅のエコに関しては、国や各自治体から様々な補助金や助成金が支給される場合があります。こうした補助金は一定の条件さえ満たせば誰でも受け取ることができるもので返却の必要はありません。大掛かりなシステムを導入する場合や住宅の新築の場合などには、かなりまとまった金額が助成金として支給されることもあります。

住宅を建築する際に助成金を受けて、さらに日々の生活においてもエコな設備によって光熱費がおさえられることを考えればダブル効果となり、大きなメリットを得ることができます。
助成金が支給されるエコ関連の主なものには、新築の際には高気密、高断熱住宅の建設や購入の際に助成金が支払われますし、リフォームでは耐震改修などの他バリアフリーのリフォームなどと並んでエコ関連のリフォームについても助成金が支払われます。

- 助成金や補助金の対象は?

エコ関連で助成金が受けられるシステムの主なものとしては、まず太陽光発電システムの助成金があります。これは各自治体単位で行っている場合がほとんどですが、最大で40万円程度の助成金が支払われるケースが多いようです。
給湯システムは多くのシステムがエコ仕様であることを条件に助成金が支払われます。
エコキュートは国からの助成金の対象になっており新築の場合には5万円程度、また買い換えの場合には8万円程度の助成金が支給されます。

エコウィルも国の「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」の一環として、約17万円の助成金が出ます。
エコジョーズに関しては助成金の他にも新築の際の住宅ローンの金利優遇が受けられたり、ガス会社によっては料金が安くなる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です