オール電化とは

エコライフの代表選手のように取りあげられることの多いオール電化ですが、オール電化をそのまま住宅に取り入れたオール電化住宅とはどのような特徴を持ち、またどのようなメリットがあるのでしょうか。

オール電化では、給湯や調理、冷房や暖房の全てに電気を利用します。
まず給湯ではエコキュートを利用するというのが一般的ですが、この他にも電気温水器が併用される場合もあります。エコキュートは「ヒートポンプ技術」と呼ばれる技術を利用した電気給湯システムで、冷媒として用いられているのは地球温暖化の原因となるフロンではなく二酸化炭素です。

エコキュートは100%電気で給湯をまかなうため、一見すると月々の電気代が非常に高くつきそうに思われますが、実際には電気料金の安い深夜電力を利用してお湯を沸かし、貯めておくという方法を取っているために光熱費はむしろかなり軽減することが可能です。
またオール電化では調理にはIHクッキングヒーターが主に使用されます。IHクッキングヒーターは非常に火力が強く、しかもエネルギーを直接なべに伝える方法なのでムダな余熱などが発生せず、また室内の空気を汚すことも無いため大掛かりな換気システムを必要としません。
さらにオール電化では、暖房や冷房にも電気を使用します。通常使われているエアコンの他、蓄熱式の暖房機や床暖房の方式を取り入れることも多く、エコキュートなどで発生した熱エネルギーを余すところ無く使用するため、エコに対する貢献度も非常に高くなっています。

またオール電化を取り入れた住宅では火災リスクが大幅に減るため住宅ローンの金利が低くなるなどと言った嬉しいメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です