ECO住宅は歴史と伝統技術の粋

ECO住宅と言えば、先端技術を駆使した家作りというイメージが強いかと思います。しかし、日本の古き良き歴史と伝統もしっかりと生かされたECO住宅の考え方も存在していることをご存知でしょうか?

それが高気密かつ高断熱住宅で、古き良き時代から、風通しを意識した住宅作りが日本では行われていました。暑い夏をしのぐと言った考えで住宅が作られていた時代、それは現代においても同じです。

エアコンの消費量を抑える為に、夏は涼しく過ごすことができ、暖房の消費量を抑える為に冬は冷たい風を取り込まないという住宅作りがなされています。つまり、極力エネルギーを使うことなく年間を快適に過ごせる住宅が、

ECO住宅としてどんどん作られているので、地球に優しいECO住宅、これからの住まいのテーマと言えるでしょう。