プロの作ったキャッチコピーに対して嫉妬する

世の中には色々な商品が売られていて、それらにはキャッチコピーが付けられていることがあります。ほとんどは短いフレーズのもので、リズム感の良いものや商品の特徴を端的に表現する言葉です。こうした商品のキャッチコピーはテレビCMでもよく耳にします。車のCMや化粧品、家庭用品などなど、実に様々なキャッチコピーがあります。中には何年経っても頭の中に残っているほど印象深いキャッチコピーもあり、そうしたキャッチコピーは商品の広告効果を高めていると思います。変な話ですが、そういうキャッチコピーを見るとなんとなく悔しくなります。ストンと落ちてきて耳に残るキャッチコピーを思いつくその才能が、悔しいのです。相手はきっとプロのコピーライターなのだから当然ですが、自分には言葉の才能がないということを痛感させられます。コピーライターになりたいわけではないけれど、日常生活で人と会話するときに活かせるだけの言葉の才能があればいいのに、と思って仕方ありません。