エコジョーズの節約効果と環境への影響

- エコジョーズと従来のガス給湯器の違い

エコジョーズではエネルギーには通常と同じガスを利用します。しかし従来のガス給湯器の場合は水道の水が直接バーナーの上部に設けられた熱交換器を通過することでお湯を沸かしていましたが、熱効率は80%程度に留まり、また200度近くにもなる高熱を大気の中に放出するため大きなロスが生じていたのです。
しかし、エコジョーズは、従来のガス給湯器ではロスとなっていた200度の高熱を二次熱交換器として先に利用するため、水道水はメインの一次熱交換器に至るまでにある程度の水温に引き上げられています。これにより20%近くもあった熱のロスの75%を再利用することが可能となり、一方では排気する際の温度は200度と言う非常に危険な高温から60度くらいまで引き下げられ、排気量そのものの量を減らすことにも成功しています。
このようにエコジョーズでは従来型に比較して熱効率がはるかに高くなるため、ガスの使用量は大幅に減り、二酸化炭素の排出も少なくなるため、環境にもお財布にも優しくなっています。

- それほどスペースが必要ない

内容がより複雑化した分エコジョーズの給湯器はサイズも大きいものと考えている人が多いようですが、給湯器のサイズそのものはコンパクトにまとめられており、導入する際にも特に大きなスペースなどは必要としません。また、これまでバスルームやキッチンなどと言った場所ごとに行っていた給湯を1台でまかなうことが可能です。
人気の暖房風呂給湯器は、家中に給湯できるのはもちろんのこと、ガス温水床暖房や浴室暖房乾燥機、ミストサウナといった端末を取り付けることが可能で、屋外設置型で幅480×奥行き250×高さ750mm。とってもコンパクトになっています。

- 導入費用と節約できる金額

エコジョーズは各メーカーから販売されていますが、設置場所にも困らないコンパクトな壁掛けタイプのものが最も人気があるようです。導入費用は、各メーカーや機種、また工事費用などにもよりますが概算で20万円~55万円程度と言ったケースが多いようです。また、導入した場合、従来のガス給湯器に比較して年間で約14000~17000円程度のガス代を節約できるとされています。
そして、従来のガス給湯器にも増して各種のリモコン操作が可能となっており、安全面からの配慮も万全に設計されています。

エコジョーズの導入に関しては国の潜熱回収型給湯器導入支援補助金の対象となっているため、国や各自治体などから補助金や助成金を受けることが可能です。総合して考えても、エコジョーズは初期費用こそ従来のガス給湯器に比較してまだ少々割高ですが、ランニングコストは逆にかなり安くつくため、長期間に渡って考えれば家計に対する負担もお得なシステムであると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です