エコな給湯器は節約と環境に良い

- 家計と環境にもメリット有り!

通常の家庭では光熱費が家計を大きく左右するほどの出費となる上に、従来の能率の低い電気給湯やガス給湯設備ではCO2など有害な物質の排出量も多く、環境に直接ダメージを与えてしまいます。
そんな、光熱費が高くなる原因と環境にもやさしい代表的な給湯器は、「エコキュート」、「エコウィル」、「エコジョーズ」、「エネファーム」などがあります。

- 効率性の改善が給湯器の進歩

まず、オール電化住宅などでも柱となるエコキュートは電気によってお湯を沸かす方法です。エコキュートはヒートポンプ式電気給湯器とも呼ばれ、お湯を沸かすのは深夜の電気料の安い時間に行い、貯湯タンクに貯めておくシステムです。ガスを一切使わないのでクリーンであると言う点では1番かも知れません。

次のエコウィル、エコジョーズ、エネファームではいずれも燃料としてガスを使用します。この中のエコウィルはガスジェネレーションシステムと呼ばれるものに廃熱利用システムを付加したもので、ガスで電気を発電しながら排出される廃熱でお湯も同時に沸かします。

エコジョーズは潜熱回収型高効率ガス給湯とも呼ばれ、形状の点からは通常のガス給湯器に最も近いものですが、一度お湯を沸かした後の余熱も再利用することで熱効率を15%近く引き上げることに成功しています。

最後のエネファームは家庭用燃料電池コージェネレーションシステムのことです。ガスや灯油などを用いて燃料電池の利用で発電し発電する際の廃熱を給湯に用います。

これらはいずれも優れたエコな給湯システムですが、貯湯タンクの設置が必要であったり、場合によっては大掛かりな工事を必要とするものもありますので、自分の住宅事情や予算に見合うシステムを選択することが最も重要です。
また、導入支援のための補助金制度もあるので導入する費用を安く抑えることもできるので、制度を有効活用したほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です