太陽光発電とは

- 太陽光発電がエコな理由

石油や石炭と言った化石燃料の利用による地球温暖化などの問題は、いまや全世界、地球そのものの存亡にかかわる重大な問題であり、早急の代替えエネルギーなどの開発が先進国を中心にして盛んに行われています。現在実用的なエネルギー源としては、石油、石炭、天然ガス、風力、火力、原子力、地熱エネルギーなどが一般的に用いられていますが、ここ数年の間に急速にクローズアップされ始めたエネルギー源が太陽光発電です。

- 枯渇しないエネルギー

無限に存在する太陽のエネルギーである光から直接電気を産み出す方法で、エネルギーの変換には太陽電池を使用します。太陽光発電の大きな特徴は「再生可能なエネルギー」であると言うことです。
石油や石炭、天然ガスと言った化石燃料は一度使ってしまうとそれきりで、いずれ枯渇してしまう運命にあります。そして、環境に有害となる二酸化炭素などの温室効果ガスも大量に排出するため決してエコなエネルギーとは呼べません。
太陽光発電は有害な温室効果ガスなどは一切放出することはな、エネルギー源が太陽であるため、枯渇する心配も無く恒久的な利用が可能となります。

太陽光発電には昼間のみ発電できるなど、これまでのエネルギーとは異なる特徴を持っています。しかも一度太陽光パネルを設置したら後はほとんどメンテナンスの手間や費用がかからないという点も大きなメリットです。これは他のエネルギーとは異なり、太陽光パネルには可動部分が無いと言うことが理由となっています。
日本はこれまで化石燃料などの大部分を海外からの輸入に頼ってきました。しかし太陽光発電に関する技術は世界一であり、その利用率もトップクラスです。将来的にエネルギーの主役の一端を太陽光発電が担うことは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です